デジカメを持って 西へ東へと・・・


・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像6枚)・・・


昨日は朝から、小生が所属しているPCサークルの勉強会が
開催される日だったので、8時過ぎに家を出て会場へと向かい
9時少し過ぎに着く事が出来、部屋の中には既に数人の人がおられて
挨拶をしてから、何時ものパソコンの前に座りました

勉強会の最初に、我々に教えて下さる先生が所属されている
「アウトドアーサークル」の旅行で、特別バスを仕立てられて
9月30日から2泊3日の予定で、最初は御池から燧ケ岳(標高2,356m)に登り
山を下りてからは、見晴~山の花迄の高層湿原地帯の尾瀬を縦断して
鳩待峠迄歩き、ここから待たせてあったバスに乗り2日の午後8時頃に
全員怪我も無く、無事に帰ってこられたとの旅のお話が有り
その時のお土産「尾瀬の散策路」のクッキーをサークルの仲間へ頂きました

昨日の勉強会は、某用紙メーカーが無料で提供している
Web版の「ラベル作成のアプリ」を使って名刺を10枚作成しました

小生は以前に、同じ会社の無料のダウンロード版のアプリを
使った事が有りましたが、Web版の作成方法は以前と
余り変わっていませんでしたが、テンプート等の種類が増えており
完成後に印刷をしてから、お互いに名刺交換をしました

この勉強会の休憩時間に、サークル仲間の人から珍しい
沖縄の野菜「シカクマメ」を頂きましたが、初めて見る野菜で
同じ沖縄野菜の「ゴウヤ」は、今では普通の野菜となりましたが
料理の仕方が解らず聞いた所、若い莢を「煮物」や「炒め物」
「天ぷら」等にすると、かすかな苦味と全体的にさっぱりした味で
癖が無く歯ごたえが楽しめるとお話しされ、家に帰ってから家内に
電子レンジでチンしてから、「卵とじ」をつくって貰い
夕食の一品に加えて食べ、珍しい沖縄野菜を味わいました

「シカクマメ」をネットで調べたら、沖縄では古くから
垣根や家庭菜園で栽培されていて、主に莢を食べ
熟させてから豆を食べたり、葉や地下茎も食用になり
「シカクマメ」には、抗酸化作用が強い「カロテン」や
「ビタミンC」が含まれ、生活習慣病予防や免疫力を
高めたりする働きがあると書いてありました


・・・「シカクマメ」の記述に付きましたは、「旬の食材百科」様のHPから一部引用させて頂きました。・・・



2013.10.03 / Top↑
Secret