デジカメを持って 西へ東へと・・・


・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像4枚)・・・


庭の隅に植えてある「ダンギク」の青紫色をした花が
例年より遅く、10月の初旬頃から少しづつ咲き始めて来ました

「ダンギク」は、クマツヅラ(シソ)科の多年草で
草丈は1m位に成り、株元の茎は木の表面の様に茶色くなり
葉の裏や茎には細かい毛が密に生えて
灰色がかって見え、葉の縁には
緩いギザギザが有って、少し「菊」に似ており
夏の頃に成ると、葉の付け根の部分に
小さな青紫色の花が集まって花穂を作り
それが段になって咲き、1つ1つの花は唇形で有り
5つに裂けた裂片のうち、下側のものが長くて
先が細かく裂け、4本の雄シベと1本の花柱(雌シベ)が長くて
花筒からニョッキリと突き出ている青紫色の小さな花を咲かせ
花は茎の節毎に丸く纏まって付き、その姿から「ダンギク」の
名前が付けられたと云われていますが、キクの仲間では無くて
恐らく、葉の形からキクを連想したのではないかと云われ
花色には青紫色の他に、淡いピンク色や白い花を咲かせる
品種が有ると云われていますが、小生は青紫色以外をまだ見た事が有りません


・・・「ダンギク」の記述に付きましては、一部「ヤサシイエンゲイ」様のHPから引用させて頂きました。・・・



2013.10.23 / Top↑
Secret