デジカメを持って 西へ東へと・・・

その昔、江戸と京を結ぶ中山道の宿場町として栄えた赤坂宿は
江戸時代末期には、皇女和宮が総勢7800余名の大行列で
この中山道を通り、徳川第14代将軍家茂のもとへ降嫁されました

「中山道赤坂宿まつり」は、皇女和宮行列を中心に
同じく9代将軍家重に嫁いだ比宮 、10代将軍家治に嫁いだ
五十宮の2人の姫宮行列も合わせて再現され
甲冑姿の地元の児童ら総勢107人が参加し
雅楽の美しい音色に合わせ、あでやかな衣装
に身を包んだ姫宮らが町内を練り歩いて
豪華な時代絵巻を繰り広げ、往時をしのびながら
祭りを楽しめる事が出来るので観に行って来ました

このお祭りは、11月始めに開催されましたが
天気予報に依れば、当日は下り坂で雨が降ると成っていたので
天候を心配していましたが、お祭りが終了する迄は
なんとか雨が降らなくて、姫宮行列の他にスタンプラリーや
県特産品及び地元商店物産市等も無事に開催され
多くの屋台等も出て、街中は大変な賑わいを見せていました


                 「赤坂宿まつり」を観に行った時の様子を、デジブックで纏めてみました。
           お目に留まりご高覧頂ければ、嬉しいです。

                          ヽ(^o^)丿





2013.11.16 / Top↑
Secret