デジカメを持って 西へ東へと・・・


・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像4枚)・・・


鳥達にとっては、柿の美味くなる時期や美味しい柿を良く知っているのか
小生の自宅の裏側に植えて在る甘柿の果実が赤橙色に染まり始めた
11月上旬辺りから、カラスやムクドリ等が柿の木へとやって来て
果実がよく色付き、美味しそうな柿を狙って食べている姿が
時々見られる様になり、鳥達に食べ尽くされてしまう前に
収獲してしまおうと思い、先週の中頃に30個程試し取りをして
味見をしたところ、今年は小振りの柿でしたが甘くておいしかったので
昨日の午後4時頃から時間が取れたので、急遽柿を収穫する事に成り
柿の木の下に脚立を立て、奥殿と一緒に1時間程かけて収獲しました

昔の人は柿の実を全て収穫せず、必ず大きな良い柿を
1個ないし数個を枝に残す風習が有って、それを「木守り柿」と呼び
「自然に感謝する」、「鳥達に分けてあげる」
「来年の豊作を願って 残す」と云う意味が有り
全部の柿を収穫してしまうと、柿を食べに来た鳥達の食糧が
無くなってしまうので、小生も「木守り柿」の風習を少し引き継いで
既に鳥達に食べられて穴が開いている柿や、熟した柿等5個程を
収獲しないでそのまま木に残して、鳥達にお裾分けする事にしました



2013.11.20 / Top↑
Secret