デジカメを持って 西へ東へと・・・

UPが遅くなってしまいましたが、岐阜県の北部に位置する飛騨古川では
毎年1月9日から16日迄浄土真宗の宗祖・親鸞聖人のご遺徳を偲びながら
闇法にいそしむ御七昼夜の行事が行われ、特に15日の夜は
宗祖がご往生に成った前夜として、聖人のご遺徳を偲びながら
同じ町内に在る円光寺・真宗寺・本光寺の三つのお寺を詣でる習わしがあり
今年も爺やはカメラのお師匠さんと一緒に、Sさんに連れて行って貰いました

この習わしは200年以上続いていて、明治、大正時代には
信州の岡谷や諏訪方面へ糸引きの一年奉公に出かけていた
若い娘さん達が奉公を終えて戻り、着飾って勤行に加わり
瀬戸川沿いの川べりを歩いて巡拝して、男女の出会いが生まれた事から
縁を結ぶ行事として受け継がれていて、夕方に成ると
和服姿の若い女性が三寺まいりをしたり、瀬戸川沿いで
千本ろうそくに灯をともし、願いを込めて手を合わせたり
祈願灯篭に灯りをともして瀬戸川に流して、手を合わせる姿が見られ
また街中では、大きな雪像ろうそくに火が一斉に灯されて
飛騨古川の街は、幻想的な雪の世界に包まれていました


・・・飛騨古川・三寺まいりの記述に付きましては、一部当日現地で頂いたパンフレットから引用させて頂きました。・・・


          三寺まいりを観に行った時の様子をデジブックで纏めてみました。
          お目に留まり、ご高覧頂ければ嬉しいです。




2014.01.31 / Top↑
Secret