デジカメを持って 西へ東へと・・・


・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像4枚)・・・


天候に恵まれた先週の水曜日に、国営木曽三川公園の一つである
河川環境楽園を訪れて、園内を散策していたら
上流域の林縁で、「カンアオイ」の花が葉影下の土の中から
顔を多く出しているのに気が付きました

主に山野の樹林下等、うす暗い場所に自生している
「カンアオイ」は、「アオイ」と云う名前が付いているものの
「オクラ」や「ハイビスカス」等と一緒の、アオイ科では無くて
ウマノスズグサ科の常緑多年草で、日本では江戸時代から
栽培されている古典植物のひとつと云われています

「カンアオイ」の草丈は高くならず、節の多い根茎が
地表や地面を這う様に伸びていき、暗紫色の軸を伸ばして
先端にハート形の葉を付け、早春から春の季節にかけて
葉の軸の付け根に1~数輪の暗紫色の花を付けて
花びらは退化して無く、花の様に見えるものは
萼が3枚筒状に付いたもので、先端が3つに裂けた
萼片を付けた壺形のユニークな形の花を咲かせます


・・・「カンアオイ」の記述に付きましては、一部「ヤサシイエンゲイ」様のHPより引用させて頂きました。・・・


2014.02.19 / Top↑
Secret