デジカメを持って 西へ東へと・・・





小生の自宅から車で走る事50分程
離れた或る山里で、好天に恵まれた
昨日の9時半から自然観察会が
開かれるとの記事が、数日前の
新聞に載っていて、無料で
事前申し込みの必要は
無いと書いてあったので
小生も初めて参加して来ました

昨日は、集合場所に30人程の
人が集まり、主催者側から
挨拶や当日の予定の説明が有った後
表へ出でて、体を解す体操をした後に
いよいよ観察場所へと歩いて行き
最初に案内された所は、半日陰で
やや湿り気の有る林の中の斜面で
そこには「ザゼンソウ」の姿が
あちらこちらで見る事が出来ました


           ・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像12枚)・・・


小生は以前に、一度だけ「水芭蕉」を見た事はありましたが
「ザゼンソウ」の実物を見るのは初めてで
まさか今回の観察会で、見られるとは
思ってもいなかったので、感激してしまい
「ザゼンソウ」の姿を何枚もカメラに収めて帰りましが
その中には、仏炎苞の色が暗褐色では無くて
他とは違う薄緑色をした「ザゼンソウ」も1個だけ有りました

「ザゼンソウ」はサトイモ科の多年草で、山中の湿地に生え
早春の頃に成ると、葉が出る前に短い花茎を立てて
半卵形で大形の仏炎苞に包まれた肉穂花序を単生し
姿は「ミズバショウ」に似ていますが,仏炎苞は暗褐色であり
名前の由来は、仏像の光背に似た形の花弁の重なりが
僧侶が座禅を組む姿に見える事からと云われ、また別名では
花を達磨大師の座禅する姿に見立てて、「ダルマソウ」とも呼ばれています

今回の観察会では、「ザゼンソウ」の他に「カタクリ」や「カンアオイ」
「セツブンソウ」等の珍しい植物が見られましたので
順次このブログで、紹介していきたいと思っています



2014.03.10 / Top↑
Secret