デジカメを持って 西へ東へと・・・


・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像4枚)・・・・


「ザゼンソウ」を見た後は、「シカ」や「イノシシ」等の獣害から
農産物を守る為に設置された、2m程の金網と電柵で
囲まれた山沿いに有る鍵付扉の有る入り口迄戻ってから
農道を20分程歩いて、「カタクリ」の自生地へと案内されましたが
ここでは土から出た「カタクリ」の葉が、樹林の中で沢山見られるましたが
花は一輪も咲いていなくて、蕾が少し見れれるだけで
「カタクリ」が見頃を迎える迄には、もう少し日数かかりそうで
その代り「カンアオイ」の花が、落ち葉の下で咲いているのに気が付きました

「ギフチョウ」の幼虫は「カンアオイ」の葉を食べて成長すると聞いていますので
「カンアオイ」が自生しているこの場所にも、「ギフチョウ」が居る可能性が有り
「カタクリ」の花が見頃を迎える頃には、この花の蜜を求めて
明るい黄色と黒の縞に、赤とブルーのすそ模様をひるがえして
花から花へと舞い飛ぶ「ギフチョウ」の姿が見られるかもしれませんので
出来ればその頃に、再び訪れて「ギフチョウ」の姿を見たいと思いました



2014.03.11 / Top↑
Secret