FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

秋の七草・ハギの花

 草枕 客行人毛 徃觸者
尓保比奴倍久毛 開流芽子香聞
                                     笠 金村(かさのかなむら)

よみ: 草枕(くさまくら) 旅行(ゆ)く人も 行(ゆ)き触(ふ)れば
にほひぬべくも 咲ける萩(はぎ)かも

意味: 旅の人が行きづりに触れると
衣にその色が移ってしまいそうなほどに、鮮やかに咲いている萩(はぎ)ですね

と、万葉集の中でも、よく詠まれている萩の花は
古くから日本人に親しまれている秋の七草の一つで
このハギの花が、山里で見られる様になってきた


ハギには沢山の仲間が有って
これらを総称してハギと云う事もあるので
「ハギは木ですか?、草ですか?」と質問されても
なんと云うハギなのか、名前が分からないと
答えが出せないと云われている


ちなみに、ヤマハギ、マルバハギは木
ネコハギ、メドハギは草の部類に入るらしい

  
2009.09.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://3419mtrym.blog58.fc2.com/tb.php/117-de3b0b95