デジカメを持って 西へ東へと・・・


・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像5枚)・・・



四国香川県に住んでおられる小生の友人の奥様から頂いた
「モロッコ・インゲン豆」の種豆を、4月末に種蒔きをしたら
10粒が無事に発芽をして、今ではフタバが大きくなり
背の高さも15㎝位迄に伸びて、畑に植えかえる時期を迎えており
しかも昨日の天気予報では、朝の内は晴れ間が有るものの
午後から曇り空に代り、午後3時頃から雨が降り出すと
出されていたので、苗を植えかえるのには良い天候だったので
雨が降り出す前迄に、インゲンの苗を畑へ植え付けてしまおうと思い
朝食後に畑へ出かけて、あらかじめ苦土石灰や肥料等を散布して
準備してあった畝に「モロッコ・インゲン豆」の苗を植え付け
茎周りにネキリ虫予防の薬剤を散布し、風で苗が揺らされない様にと
最初は、100円ショップで購入しておいたストローを苗の茎の高さに切り
それを縦方向にハサミを入れて切り、2番目のネキリ虫対策用として茎に蒔き付け
同じく100円ショップで購入してあった、おでん用の竹製の細い丸棒を
土に差し込んでから、茎と丸棒を園芸用のビニタイで軽く縛り付け
その後に乾燥対策として、苗の両側に藁を敷き詰めてから
藁が風で飛ばされない様にと、石を藁の上に載せておき
予定通り雨が降り出す前迄に、植えかえ作業を終える事が出来ました

「インゲン」は、もともとメキシコやパナマ等中南米が原産地で
コロンブスが大陸を発見した以降に、ヨーロッパへ持ち込まれ
シルクロードを経由して、江戸時代に中国から日本へ伝わり
その時に、中国から日本に伝えたのは「隠元禅師」と云う僧侶と云われ
そこから、「インゲン」と呼ばれる様に成ったと云われています



2014.05.13 / Top↑
Secret