デジカメを持って 西へ東へと・・・

岐阜県大垣市では、大垣市薬草組合の人達が農閑期を利用して
有機肥料のみを使用し、市の特産品として「カモミール(カミツレ)」を栽培され
栽培面積は約120アールで、収穫量は約7,100kgと云われ生産量は日本一を誇り
5月のGW期間中に見頃を迎えたと聞き、観に行ってきました

小生が訪れた時は、「カモミール」が丁度見頃を迎えていて
カモミール畑は小菊に似た可憐な白い花が、一面に咲き広がり
白い絨毯を敷き詰めた様で、甘酸っぱい香りが辺り一面に漂っていました

「カモミール」は、ヨーロッパ原産のキク科の2年草で有り
「リンゴ」の様な香りがする事が特徴で、古くから「ハーブの女王」として
親しまれてきた薬草で有り、「カモミール」とは「大地のリンゴ」と云う
意味のギリシャ語で有り、和名では「カミツレ」と呼ばれています

「カモミール」は、かつては薬草として健胃剤や発汗剤、消炎剤
婦人病の薬として用いられていたそうで、現在では「カモミール畑」で
収穫された「カモミール」を乾燥してから、工場へ出荷されて
工場にてエキスを抽出し、その後に化粧品や入浴剤、シャンプー
ハーブティ等に加工・製品化され、商品として店頭に並べられています



                カモミール畑を訪れた時の様子を、デジブックに纏めてみました。
          お目に留まり、ご高覧頂ければ嬉しいです。

                         (^o^)/









2014.05.14 / Top↑
Secret