デジカメを持って 西へ東へと・・・

線路のゆがみ具合や架線の状態、信号電流の状況等を
リアルタイムに検測しながら東京-博多間を営業車両と同じ
最高速度270㎞で走行し、新幹線の軌道・電気設備・信号設備を
検査する為の新幹線電気軌道総合試験車は、マニアの間では
「ドクターイエロー(DY)」の愛称で親しまれ、月に4回東京-博多間を
2日がかりで往復しており、一日目は東京駅から博多駅へと向かい
次の日には東京駅へ戻り、現在の検測走行の内訳は
「のぞみ」停車駅のみを停車して走る「のぞみ検測」が3回と
全駅に停車する「こだま検測」が1回の合計4回が行われ
線路状態は、床下にある様々なセンサーで感知され
迅速な対応が必要な場合は、その場所を管轄する保線所等に
必要な情報をリアルタイムに連絡され、また検測データは走行日の夕方に
保線所へ送信されるので、その日の夜から検測結果を基に
即、線形整正等の保線作業に利用されていると云われています

小生はこの「ドクターイエロー」の存在を、数年前の夏に向日葵を写しに行った時に
偶然に向日葵畑の後ろを走行する「ドクターイエロー」姿を見て知り
それ以降もまた、「ドクターイエロー」の姿を見たいと思いましたが
残念ながら走行日や時刻が、市販の時刻表等には記載されておらず
ネットで色々検索したところ、走行予想日や時刻をアップされているHPを見つけ
その情報を基に、新幹線の沿線からDYの姿を写真に収めていましたが
ドクターイエローを観る為の、目に余るマナー違反がHP管理者の目の前で
5月に有った為に、重大な事故やDYの走行に支障を与えては拙いとの事で
5月末でもって、今迄有った走行予想日の掲載も中止となってしまったので
途方に暮れていたところ、小生の写真の先生でもありブロ友のSさんから
6月の走行予想日の連絡を頂き、今回は真近でDYの姿を見ようと
こだま検測が実施された6月2日にこだま停車駅のプラットホームへ行って見て来ました

・・・「ドクターイエロー」の記述に付きましたは、「wikipedia」様のHPを参考にさせて頂きました。・・・



         「ドクターイエロー」を見に訪れた時の様子を、デジブックで纏めてみました。
      お目に留まり、ご高覧頂ければ嬉しいです。

                            (^o^)/





2014.06.04 / Top↑
Secret