デジカメを持って 西へ東へと・・・


・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像6枚)・・・


昨日の朝一番に、歯医者さんに予約がしてあったので
歯の診察と治療、歯垢の清掃を受けに
罹りつけの歯医者さんへ行き、診て貰ったところ
歯が少し欠けている所が、新たに見つかり
歯垢の清掃を終えた後、欠けた所が舌に引っかからない様に
研磨して貰い30分程で歯科医院を出て、時間に余裕が出来たので
近くの公園へ出かけて、「ハンゲショウ」を観て来ました

ドクダミ科の多年草である「ハンゲショウ」は、湿潤な環境を好み
主に水辺や湿地に自生し、茎や葉を傷つけたり折ったりすると
「ドクダミ」の様な臭いを出し、6月下旬から7月にかけて
茎の頂点から15㎝前後の花穂を伸ばし、花びらを持たない
白い小花をたくさん咲かせ、花が咲く頃になると花穂の直ぐ下の
葉っぱの付け根に近い箇所から先端にかけて、白い斑が入り
白い斑の入る面積はマチマチですが、たいがい先端の方は
緑色を残したままになり、今回観たものもその様でした

そして「ハンゲショウ」は、「半夏生」や「半化粧」等の漢字が充てられますが
その由来には諸説が有って、「半夏生」は夏至から数えて
11日目(半夏生と呼ばれる日)辺りに花が咲くところから
また「半化粧」の方は、花が咲く頃に葉っぱが半分程
白く色付く様子が、化粧をしている様に見えるところからと云われていますが
ご訪問頂きました皆様は、どちらだとお思いでしょうか?



・・・「ハンゲショウ」の記述に付きましては、「ヤサシイエンゲイ」様のHPを参考にさせて頂きました。・・・



2014.06.27 / Top↑
Secret