デジカメを持って 西へ東へと・・・


・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像4枚)・・・


6月下旬頃の、前日に降った雨が上がった翌日の午前中に
散歩の中に寄った公園内で、煙がモクモクと舞い上がっている様な
樹木を2本見つけ、近寄って名札を確認してみると
「スモークツリー」と書いてあり、羽毛の様になった花穂の一部の場所には
前日降った雨の水滴がまだ所々に残り、陽が当たって輝いていました

「スモークツリー」は、南ヨーロッパからヒマラヤを経て
中国に至るまでの広い範囲に分布するウルシ科の落葉性の樹木で
樹高は4m~5mになり、雄株と雌株がある雌雄異株の樹木であり
5月から6月にかけて、径3㎟位の小さな淡緑色の花を穂状に沢山咲かせ
咲き進むと紫色を帯び、花後になると雌株は不稔花の軸部分が長く伸びて
羽毛の様になり、花穂の見た目がモクモクした感じになり
「スモークツリー」の名前は、この開花後の花穂の姿が煙の様に
見えるところから、付けられたと云われています


・・・「スモークツリー」の記述に付きましては、「ヤサシイエンゲイ」様のHPを参考にさせて頂きました。・・・



2014.07.05 / Top↑
Secret