デジカメを持って 西へ東へと・・・

国営木曽三川公園の一つで、愛知県愛西市に在ります
船頭平河川公園では、河川の水を取り入れて
水生植物の持つ浄化作用によって水を浄化し
再び河川に戻す試みが行なわれていて
公園内には「ショウブ」や「スイレン」、「ハス」等が植栽されており
特に「ハス」は「 陽山紅蓮」や「毎葉蓮 」、「大賀蓮」等
15品種が植栽され、「ハス」の花が見頃を迎えていると聞き
一度、雨粒に濡れた「ハス」のピンク色の花を観たいと思っていたので
前日の夜半から降り出した雨が、一時的に止んだ
昨日の朝早く家を出て6時過ぎに現地に着きましたが
誰しも思う事は同じなのか、既に数台の自動車が留まっていて
公園内の蓮池の周りにはカメラマンの姿が10人程見られ
雨上がりのハスの花を熱心に、カメラに収められていました

小生もカメラをバックから出して、雨粒の残っているハスの花を中心に
写し始めましたが、昨日は雨上がりで空はどんより曇っていて
出来れば青空の下で、養老山脈を背景にして咲くハスの花の姿を
写しかったのですが、こればっかりはお天道様任せなので
なかなか小生の希望している条件には成ってくれませんでした

「ハス」の花は、開花の1日目は朝ほころぶ程度で昼には閉じてしまい
2日目は、朝のうちに満開となるものの昼には閉じてしまい
3日目は、朝のうちに満開となり、昼には半開位迄閉じてしまい
受粉した花托の柱頭が黒っぽくなり、花びらは退色し
4日目は、夜半頃から咲き始め、午後の早い時間迄に
全ての花びらが、散ってしまうしまうと云われていますので
「ハス」の見頃は、開花後2日目の朝が良いとも云われています


          船頭平河川公園の「ハス」の花を見に行った時の様子をDBで纏めてみました。
      お目に留まり、ご高覧頂ければ嬉しいです。

                            (^o^)/





2014.07.07 / Top↑
Secret