デジカメを持って 西へ東へと・・・



・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像10枚)・・・


今週の日曜日の夕方頃に用事があって、長良川の河川敷で友人を待っていた時に
川岸で体の比較的大きな鳥が5羽程固まっているのに気が付き
なんという名前の鳥だろうかと思い、じっと見ていたら
やがて川岸から飛び立ち、空高く舞い上がって行ってしまったので
小生には鳥の正体が解らず、後から来た友人に聞いてみると
その鳥の正体が、「トンビ」であることが分かりました

「トンビ」はタカ目タカ科に属する鳥類の一種である「トビ」の別名で
タカ科の中では比較的大型の鳥であり、全長は60~65cm程で
「カラス」より一回り大きいと云われ、主に上昇気流を利用して
輪を描く様に滑空し、羽ばたく事は少なくて
視力が非常に優れているので、上空を飛翔しながら
餌を探し、餌を見つけるとその場所に急降下して捕らえると云われています



・・・「トンビ」の記述につきましては、「wikipedia」様のHPを参考にさせて頂きました。・・・



2015.02.19 / Top↑
Secret