デジカメを持って 西へ東へと・・・


岐阜県柳津町を流れる境川堤には、桜並木があって
ここ特有の桜と云われ、ヤマザクラ系の桜で
花びらの先が尖り、星の形をした純白の花びらを持つ
「高桑星桜」は他の桜とは違って、花の寿命が長く
14日~20日間位咲き続くと云われ、また2008年には
「花伝説・宇宙プロジェクト」として日本全国から選ばれた
14種類の桜の種の中に、この「高桑星桜」の親木から採った
種が他の桜と共に、若田宇宙飛行士が乗ったスペースシャトルで
宇宙ステーションに運ばれて、8ヶ月程宇宙で滞在した後に帰還し
その後の10年4月に、京都府立植物園で大切に育てられた結果
無事に発芽して、その後も順調に育った苗木のうち
約2メートルに迄成長した苗木1本が、今年2月に地元ゆかりの
お寺に送り返されて境内に植えられ、親木の様な完全な
星の形をしていないものの、数輪の花が初めて咲き
数年後には、純白で星の形をした花が沢山咲くのではと期待され
この「高桑星桜」の他にも 、珍しい淡い黄色の花を咲かせる
「 鬱金桜」や「高桑箒桜」、「 冬桜」、「 兼六園菊桜」、「楊貴妃」等
沢山の種類の桜が堤に植えられていて、3月の終わりから4月の終わり頃迄
次々と桜の花が開花し、長い期間桜を楽しむ事が出来ます



          「高桑星桜」を観に行った時の様子を、デジブックで纏めました。
       お目に留まり、ご高覧頂ければ嬉しいです。

                   (^_^)/









2015.04.28 / Top↑
Secret