デジカメを持って 西へ東へと・・・


「トキワマンサク」は中国南東部やインド北東部
日本等に分布する、マンサク科の常緑性中高木で
落葉樹の「マンサク」とは異なり、葉はやや小さめで
樹高は3m位に成り、初夏の初め頃に咲き
花には細いリボンの様な、4枚の花弁が有って
開花時期には、枝先に集まる様に咲く為に
木全体が花に覆われて、緑の葉に黄色みを帯びた
白い花が輝く様に映えて、遠くからでもその美しさが楽しめ
また園芸品種には、葉に赤みを帯びるものや
花色が赤色や桃色の「ベニバナトキワマンサク 」が有って
美しい花色なので、鑑賞価値が高い事から
庭木にも広く利用され、また葉が密に茂り
樹高も低く抑える事が出来るので、生け垣にも利用され
小生の自宅近くの家電量販店の駐車場脇にも、生け垣として
この「トキワマンサク」と「ベニバナトキワマンサク」が植えられていて
見頃を迎えていると聞き、4月下旬に観に行って来ました


    「トキワマンサク」等の生け垣を観に行った時の様子をデジブックで纏めました。
   お目に留まり、ご高覧頂ければ嬉しいです。

                    (^_^)/







2015.05.14 / Top↑
Secret