デジカメを持って 西へ東へと・・・



・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像13枚)・・・



新幹線区間において、線路のゆがみ具合や架線の状態
信号電流の状況等を検測しながら高速走行し
新幹線の軌道・電気設備・信号設備を検査する為の
事業用車両で、「ドクターイエロー」の愛称で呼ばれ
「見ると幸せになる」とも言われていて、言わば「新幹線のお医者さん」で
約10日に1度の周期で走行し、ここで得られたデータは
日々実施されている各設備の、メンテナンスの基礎資料として活用されており
そのドクターイエローのこだまダイヤでの下り検測が行われる予想日の
昨日のお昼前に、小生の写真の先生でありますSさんからメールにて
走行予想日のドクターイエロー(T4編成)こだまダイヤの下りと
ドクターイエロー(T5編成)のぞみダイヤの下りの試運転と
JR東海の試験車両である、X0編成が東京駅と新大阪駅間を
お折り返し運転をするとの走行時間等の情報を頂き
ドクターイエローの場合は、Web等 で検索して調べれば
走行日時や各駅の通過時刻を何とか知る事が出来ますが
X0編成の新幹線車両(通称:麗子さん)は、今年から始まっている
東海道新幹線の東海道区間を、時速285Kmで走行する
試験運転を中心に、車体の揺れや、騒音、乗り心地等の
データを取り、今後の営業運転に役立てる為の
試験走行をしているJR東海の試験車両で
この車両の中には、沢山の機器が積み込まれていて
もちろん一般の人は、乗車する事が出来ず
外観は通常のN700Aに見えますが、普通の新幹線車両には
1号車と16号車に付いている検電アンテナが、X0編成の車両には
2号車にも反対向きに付いていて、先頭車両の1号車の下部には
センサーの様な物が付いて、通常の車両とは違うのですが
車体が白色で区別が中々出来ない上に、なによりも走行日時が
とにかく不規則で神出鬼没であり、全く予想が出来ず
ドクターイエローよりも見る事が出来無いので、昨日は
折角麗子さんが2回も見れる絶好のチャンスだったので
小雨が降る天候不良にも拘わらず、岐阜羽島駅ー米原駅間で
カメラを構えて通過するのを待っていたら、最初にX0編成の
下り列車が通過し、その後にドクターイエロー(T4編成)の下りが
そして新大阪駅で折り返して東京駅へと向かう、白い車体の
上りのX0編成が走行して行き、そして最後には
ドクターイエロー(T5編成)の下りの走行が見れれて
4時間程の間に2種類のドクターイエローと以前から一度は見たいと思っていた
憧れの麗子さんの折り返し走行迄見られて、ようやく念願が叶い
情報を頂いたSさんに感謝しながら、満足した1日を過ごす事が出来ました




2015.06.09 / Top↑
Secret