デジカメを持って 西へ東へと・・・


・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像10枚)・・・



前日に降り続いていた雨が止み、晴れの天候と成った先週末に
自宅近くの公園を訪れた時に、花壇の中で
「クロタネソウ」の青色と白色の花が咲いていました

「クロタネソウ」は、秋に種を蒔いて、翌年に花を楽しむ
南ヨーロッパ原産・キンポウゲ科の秋蒔き一年草で
日本へは、江戸時代の末に入って来たと云われ
草丈は60cm前後で、葉は細かく裂けて細い糸状と成り
茎は細かく枝分かれして、6月頃から7月にかけて
その先端に一輪の花を咲かせ、花は直径5cm程で
花色には白色や青色、ピンク色等が有り
花びらに見える部分は「ガク片」で、本来の花びらは退化して目立たず
花は糸状の総ほう片に包まれていて、花が咲いた後には
パンパンに膨らんだ果実が出来、花や果実はドライフラワーや
ハーブクラフト、ポプリの材料として用いられます


・・・「クロタネソウ」の記述に付きましては、「ハーブ植物図鑑」様のHPを参考にさせて頂きました。



2015.06.29 / Top↑
Secret