デジカメを持って 西へ東へと・・・


当初は7月25日(土)の午後7時半から、開催が予定されていました
第59回水都まつり協賛・大垣花火大会(岐阜新聞・ぎふチャン主催
大垣市、大垣観光協会後援)は、当日の天候が晴れと成ったものの
揖斐川上流の山間部で23日迄降り続いた長雨の為に、打ち上げ場所と成る
市内の東側を流れる揖斐川河畔が、水没してしまった為に
8月22日(土)に延期と成っていましたが、22日は天候に恵まれて
予定通り花火が午後7時半から1時間に渡って、凡そ3,000発の花火が
夜空に向かって打ち上げられて、多くの見物客達で賑わいを見せ
この花火大会で打ち上げられる、二尺玉(20号)や一尺玉の大型花火は
東海地方では珍しく、欠かせない呼び物の花火の一つと成っていて
クライマックスに打ち上げられる二尺玉は、直径が400m位と云われ
打ち上げられると鮮やかな大輪の花が、夜空一杯に広がって咲き
多くの見物客達を魅了して、大きな拍手や感嘆の声が上がり
そして大型花火の他にも、尺玉や仕掛け花火、ミュージックスターマイン等
様々な花火が次々と打ち上げられ、凡そ100,000人の見物客が楽しんでいました


        「第59回大垣花火大会」の様子を纏めて、デジブックを作成しました。
      お目に留まり、ご高覧頂ければ嬉しいです。

                  ヽ(^o^)丿








2015.09.07 / Top↑
Secret