デジカメを持って 西へ東へと・・・



・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像5枚)・・・



晴れの天候と成りました先週末に、散歩で歩いていた農道の道端で
薄紅紫色をした小さな花が、纏まって咲いているのに気が付き
何の花だろうかと思い足を止めて、良く見てみると「キツネノマゴ」の花で
日本では本州以西に自生し、道端や草地、土手等身近な場所で見られ
春の季節に成ると芽を出して、夏から秋の季節にかけて
枝の先端や上の方にある葉の付け根から花穂を出して
淡い紅紫色で、唇形をした長さ8mm位の小さな花を1~2輪ずつ咲かせ
花の真ん中には白い星形の模様が入っていて、冬には枯れてしまう
キツネノマゴ科の一年草で、花が咲く前の若い茎や葉を茹でると食用になり
また搾り汁をリュウマチの外用に、乾燥させた全草を生薬「しゃくじょう」と呼び
煎じて飲むと、解熱・鎮痛・咳止め等に効能があると云われています


・・・「キツネノマゴ」の記述に付きましては、「みんなの花図鑑」様のHPを参考にさせて頂きました。・・・




2015.09.15 / Top↑
Secret