デジカメを持って 西へ東へと・・・


400年もの長い期間に渡って、受け継がれる東三河地方では
「手筒花火」の発祥の地とされています、愛知県豊橋市の
吉田神社で毎年7月に「豊橋祇園祭」が、そして9月に
豊橋球場で行われている「炎の祭典」、そして10月に
羽田八幡宮で行われ日本一の手筒祭りと云われています
「羽田祭」をはじめ、三河地方では年間4,000人以上の
花火衆が手筒花火を揚げていて、「鬼祭」や「祇園祭」と並んで
「豊橋三大まつり」に数えられている「羽田祭」は
豊橋駅周辺の20ヶ町が氏子として参加し、手筒花火や
大筒・乱玉花火を多数奉納し、その数800本以上と云われる
東三河地方最大級の量を誇るお祭りであり、五穀豊穣を祈願して
勇壮な「手筒花火」を2日間に渡って奉納し、東三河地方独特の
「手筒花火」は、火薬を詰めた1本4~5kg位の手筒を男衆達が
自分の体の腰付近に、抱え持って打ち上げられる花火で
その作法は、最初は地面へ横向きに置かれた手筒花火に点火し
手筒花火から火が勢いよく噴き出すと、手筒花火を手で抱えて
徐々に上へ向けて起こす「筒起こし」を行いながら後ずさりし
定位置で、手筒花火を脇に抱えて仁王立ちする「放揚」が行われると
手筒花火から、更に勢いよく吹き出す火の粉と凄まじい爆音がし
「手筒花火放揚」の最後には、大きな衝撃音と共に手筒の底が
破裂・爆発する「ハネ」があって、手筒花火の放揚は終了と成りますが
今年小生は、「豊橋祇園祭」での「手筒花火放揚」を観に行けなかったので
代わりに「羽田祭」を観に行き、手筒花火の魅力は現場へ行って
自分の生の目で見るのが一番で、勢いよく噴き上げる手筒花火の火柱
激しい雨の様に降り注ぐ火の粉、手筒花火最後のハネの爆発音
微動だにせずに不動の姿勢で、火の粉を全身に浴びながら
手筒花火を放揚する男衆達の勇姿な姿や花火の大迫力に
圧倒されながら、東三河地方特有の手筒花火放揚を楽しんで来ました



           「羽田祭」を観に行った時の様子をデジブックで纏めました。
        お目に留まり、ご高覧頂ければ嬉しいです。

                  ヽ(^o^)丿








2015.10.11 / Top↑
Secret