デジカメを持って 西へ東へと・・・




小生の自宅の庭の中には、小生が結婚をして住宅を新築した時に
今は亡き母親から贈られた甘柿と渋柿の木が、それぞれ1本づつ植えてあって
植え付けた時は高さ1m位の幼木でしたが、植えてから5年を過ぎると2mを超えて
それぞれの木に柿の実が少しづつつく様に成り、現在では3mを超える程の高さに生長し
隔年周期で柿の果実が沢山実ったりしていますが、昨年は不作の年に当たり
豊作の年に比べて1/10位の収穫でしたが、お隣さんや友人等にお裾分けをして
残った渋柿の一部を自宅で干し柿にしようとしたら、今シーズンは暖冬の影響で
カビが生えて失敗してしまったので、次に干し柿を作る時には皮をむいてから
熱湯の中へ入れそれから軒下に吊るし、リキュール酒を噴霧して置いたら
今度はカビが生えなくて干し柿が上手く出来、昔から「柿が赤くなる
と医者が青くなる」という言葉が有る程に、柿には栄養がたっぷりと
含まれていると云われ、そして干し柿にはカリウムやカロテン(カロチン)が
豊富に含まれ、カリウムは血圧を下げ、カロテンは体内でビタミンAに成り
目や粘膜、皮膚の健康を保って成長を促し、病気の回復や風邪の予防等に
役立つと云われていますので、家族で美味しく食べていましたが
その干し柿も残り数個と成りましたので、本日のおやつの時間に
最後の干し柿を家族で分け合って、じっくり味わいながら食べました



2016.02.24 / Top↑
Secret