デジカメを持って 西へ東へと・・・


特急「しなの」の定期列車は名古屋駅~長野駅間の運転が殆んどですが
名古屋駅から東海道本線を走って、大阪駅が始発・終着の列車が
一往復のみ運転されていて、JR東日本・JR東海・西日本の各社が
共同で運行していました長野駅から大阪駅迄を結ぶ特急「しなの」が
平成28年3月26日の「春のダイヤ改正」に伴い、今迄一往復されていた
大阪駅~長野駅間の運転取り止めが決定し、3月26日からは
全列車が長野駅~名古屋駅間のみの運転となると、3月始め頃に聞き
走行している間に、その雄姿をカメラで写して残して置こうと思い
25日のラストランを含めて、東海道線の沿線へ数回出没して写真を写して来ました

この「特急しなの」は、国鉄時代の1971(昭和46)年から45年間に渡って運行され
乗り換え無しで信州と関西地方を結び、観光客や帰省客らに親しまれた特急で
翌日の3月26日は北海道新幹線の新青森~新函館北斗間が華々しく開業して
テレビのニュース等で伝えられていましたが、この「特急しなの」は
近畿長野県人会と県大阪事務所職員の有志の人達が、大阪駅の
ホームに集合して、25日の午前8時57分発・長野行き「しなの9号」に向けて
「ありがとう特急しなの」の横断幕を広げたり、県旗の小旗を振って
小人数ながら心を込めて、最後となる長野駅へ向かう「特急しなの」へ
感謝の気持ちを込めて、出発を見送ったとのWeb記事が有りました






2016.03.28 / Top↑
Secret