デジカメを持って 西へ東へと・・・



・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像5枚)・・・



先日散歩に出かけた時に、立ち寄った公園の花壇の中で
チョッピリ形が変わった花が、咲いていましたので
この花の名前が知りたくて、名札を見てみると
「スカビオサ(マツムシソウ)」と書いてあり
日本の「マツムシソウ」と云えば、高原の花畑を彩る爽やかな花で
昆虫の「マツムシ」が鳴く頃に花が咲くので、この名前が付けられたと云われ
ユニークな花形とソフトな色合いが魅力で、風に揺れて群れ咲く様子は
風情が感じられ、小花が集まって大きな頭状花を形づくり
外側の花弁が大きく広がるのが特徴ですが
この「スカビオサ」は、ヨーロッパを中心として
アジアからアフリカ迄、約80種類が分布していて
毎年花を咲かせる多年草のものと、一度花を咲かせて
実を結ぶと枯れてしまう1・2年草のものがあり
花色は紫色や青色の品種が多く、その他に白色や
深紅色等が有ると書いてありましたが、小生が見た花色は
薄い紅紫色の花だったので、新品種だったかもしれません

2016.05.27 / Top↑
Secret