デジカメを持って 西へ東へと・・・



・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像6枚)・・・



今年の3月末頃に、県の公安委員会から「講習のお知らせ」と書かれた手紙が届いたので
書かれていた内容を確認すると、運転免許証の更新期間が近づいてきた人で
これから迎える誕生日に70~74歳に成る人は、自動車学校での「高齢者講習」を受けないと
免許の更新が出来ないと書かれていたので、早速近くの自動車学校へ
電話を入れて予約して置き、その予約した受講日が昨日の12時50分からだったので
少し早目に自動車学校へ着いて、受付で講習の手続きを済ませて待合所で待っていたら
係りの人から名前を呼ばれ、小生は他の人5人と一緒に講習を受ける事に成り
2階の教室に案内され、講習の内容や流れの説明が有った後に
「いつまでも安全運転を続けるために」の教本を使っての交通安全に関する
座学やビデオ鑑賞が有り、その後10分程の休憩をはさんで
今度は、車に乗って自動車学校内のコースを車線変更や一旦停止
クランク、バックでの車庫入れ、見通しの悪い交差点から道路に出る等
教師から指示された順番で走りましたが、昨日乗った車はクラウンで
スピードも出易くて、小生が何時も乗っている軽四とは違い
アクセルの踏み具合や車幅の感覚が、つかみ難く感じましたが
運転行動診断書を見ると「良好でした」との講評が書いてありました

休憩した後に再び教室へ戻って、今度は静止や夜間、動体視力検査等
そしてシュミレーションの機械を使っての、運転技術や状況の変化に対する
反応の速さや正確さ、ムラ等に付いての運転適性検査を受けましたが
その結果は同年代と比較して平均的(普通)でしたが、非高齢者と比較すれば
状況判断がやや低下している事に成りますので、自動車を運転する時には
安全確認を励行し、脇見をしないで安心・安全走行に心掛けたいと改めて思い
最後に「高齢者講習修了証明書」を貰い、午後4時過ぎに家へ帰って来ました


2016.06.18 / Top↑
Secret