デジカメを持って 西へ東へと・・・


バラ苗の生産量が日本一の町と云われています岐阜県大野町の街中には
150種、2000株と云われています多種多様なバラが植栽され
平成9年に開園した「バラ公園」が在って、バラのアーチや遊具
ベンチ等が設備されていて、訪れた人達がゆっくりと寛げる憩いの場に成っており
バラの花が見頃を迎える5月に成ると、毎年「バラ祭り」が開催され
開催期間中には各種イベントの開催や生産者から直接バラ苗が購入出来るので
毎年ガーデニング愛好家の人達を中心に、県内外から多くの人達が訪れて
賑わいを見せていますが、秋の季節に成ると春に比べて訪れる人は少なく成りますが
秋バラは涼しくなる時期に開花するので、昼夜の 気温差が大きく成り
色合いもバラ本来の色を発色するので映えて見え、秋バラは10月初旬から
徐々に開花を始めるので、ほぼ一斉に咲き始める春の様なボリューム感は無いものの
1輪1輪の花弁の張りが良く、色合いもバラ本来の色を発色して香りも強いと聞いていたので
未明から降り出した雨がお昼前には止み、天候が回復した先週の火曜日の午後から
大野町の「バラ公園」を訪れると、園内には誰一人も訪れていなかったので
園内でひっそりと咲いていた秋バラの花を眺めながら、のんびりと散策して
秋の季節の午後を、1時間余楽しんでから家へ帰って来ました


・・・大野町の「バラ公園」を訪れた時の様子をデジブックに纏めました。
お目に留まり、ご高覧頂ければ嬉しいです。

(^O^)/


2016.11.22 / Top↑
Secret