デジカメを持って 西へ東へと・・・



昨日の昼食時に、或るテレビ局の「お昼のニュース」を見ていたら
「東京都内のインフルエンザ定点医療機関からの第46週(11月14日から11月20日)の患者報告数が
流行開始の目安となる定点当たり1.0人を超えて、今後は本格的な流行が予想される為に
インフルエンザに罹らない、感染を広げない対策を一人ひとりが心がけて下さい」と
伝えていましたので、小生は先月罹りつけのお医者さんへ持病の診察と薬を貰いに行った時に
インフルエンザの予防注射の予約を済ませて、インフルエンザ予防接種予診票を貰って帰っていて
インフルエンザは例年12月から3月にかけて流行しており、予防接種をしても効力が働き始めるのは
接種後凡そ20日間が経過してからと聞いていましたので、本日月一の持病の診察時に
インフルエンザの予防接種も一緒にして貰おうと思い、今朝の体温を測ってから
予防接種予診票へその体温を記入したり、予診票の質問事項に回答を記入してから・・・



マイカーに乗って家を出て、罹りつけのお医者さんへ9時過ぎに行くと
インフルエンザの流行が始まったとの、昨日のテレビニュースの影響なのか
待合室はインフルエンザの予防接種を受ける人達で、大変混んでいましたが
1時間弱待っていると診察の順番が来たので、持病の診察を受けてから
インフルエンザの予防注射を済ませ、薬を貰って10時半頃に帰って来ましたが
インフルエンザの予防注射をしても、全くインフルエンザに罹ら無いのではなくて
万一罹った場合には、重症にならないと云われていますので
今後は、「インフルエンザ対策のポイント」と云われています
「こまめな手洗い」や「休養・栄養・水分補給」、「風邪を引いた時には
早めにお医者さんに診て貰って直したり、咳が出る時にはなるべく外出しない様に」
「どうしても外出する必要がある時には、マスクをする」等の咳エチケットを守り
インフルエンザ感染を広げない様にも注意をして、いよいよ流行の兆しが見え始めた
インフルエンザのシーズンを無事に乗り切り、無病で過ごしたいと思っています



2016.11.26 / Top↑
Secret