デジカメを持って 西へ東へと・・・




マイクロソフト社提供のOS(基本ソフト)であります「Windows Vista」の
延長サポート期間が、2017年4月11日(日本時間)に終了し
同じくマイクロソフト社提供のオフィスソフトであります
 「Office 2007」の延長サポート期間も、2017年10月10日(日本時間)に
終了する事に関しての、注意喚起を促すメールが2月10日付で
独立行政法人・情報処理推進機構(IPA)から届いていたので
メールを開いて詳細を確認すると、IPAが運営する脆弱性対策
情報データベースへは、「Office 2007」の脆弱性対策情報が
2006年から2016年迄の間に127件登録され、また「Windows Vista」は
1,032件登録されていて、発売から10年以上経過しても脆弱性が発見され
その件数も減少しているとは言え無くて、脆弱性はソフトウェアに
必ずと云える程潜在しているものなので、脆弱性が完全に無くなると
云う事は言えないので、その為に各ソフトの延長サポート期間
終了後であっても、引き続き脆弱性が発見される事が考えられ
サポート終了後は、新たな脆弱性が発見されても
更新プログラムが提供され無いので、サポート機関が終了した
ソフトウェアの使用を継続していると、「PC の乗っ取り」や
「機密情報の漏洩」と云うリスク等が発生する可能性が有り
これらのソフトの利用者はリスクを認識し、後継ソフトや
新しいシステムへの速やかな移行を進めて、リスクを解消して
下さいと書かれていて、小生が使用しているOSはWindows 7から
無償期間中にアップグレードしたWindows10ですが、Microsoft Officeは
「Office 2010」なので、「Microsoft Office 2010」は2015年10月13日で
メインストリームサポートフェーズが終了していて、この日以降は
セキュリティ更新プログラムのみが、2020年10月13日(日本時間)迄
無償提供されると聞いていますので、今回のメールの件には該当しないものの
他のマイクロソフト製のソフトウエアと同様に、各Officeにも
リリース済みのセキュリティパッチや不具合修正パッチを纏めた
「Service Pack(SP)」が提供されていて、Officeの各Service Packにも
サポート終了時期が細かく規定されているので、 もしService Packを
全く適用していないか、あるいは古いService Packしか適用していないと
前述した各製品のサポート終了期間よりも、ずっと早い時期に
サポートが終わってしまうので、Office向け更新プログラム(パッチ)を
手動で適用している場合には、Service Packの適用漏れがないか
特に注意が必要で有り、SP2迄しか適用していないOffice 2007の場合は
2013年の1月初めにサポートが既に終了し、現行のSP3が今年の10月10日迄
サポートされると云う事であり、Office 2010の場合にはSP2を適用すると
製品そのものと同じ2020年10月13日迄サポートが継続されますが
今後SP3以降がリリースされた場合には、SP2のサポート終了時期が
この期日より早まる可能性が有りますので、新しい「Service Pack(SP)」が
提供されたら自己責任に於いて、遅延無く適応しておく事が必要となります


この記事は、本日時点での情報をもとに書きましたので
今後、各ソフトのサービス期間が変更される可能性が考えられ
ご自分でご使用の各ソフトのサービス期間の、確認と対処をこまめにお願い致します。


2017.02.12 / Top↑
Secret