デジカメを持って 西へ東へと・・・



・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像4枚)・・・


当ブログで前回、散歩の途中で見つけた「つくし」を記事にしましたが
「つくし」の姿をカメラに収めてから、再び歩き始めると
今度は「タンポポ」の黄色い花が、太陽の陽を一杯受けて
道路脇の土手の斜面で、沢山咲いているのに気が付きました

「タンポポ」はキク科タンポポ属の多年草で、黄色の花が
直立した花茎の先に、キク科植物の花の特徴で有ります
小さな花を円盤状に集めて咲いて、1輪の花の様に見え
花は朝に開き夕方になると閉じてしまい、花が咲いた後には
綿毛(冠毛)の付いた種子が、風で飛ばされる植物として知られ
また江戸時代には、愛好家の間で栽培されて
園芸品種も作り出されていたと、云われていますが
現在では厄介な雑草として、農家の人達から嫌われています


・・・「タンポポ」の記述に付きましては、「wikipedia」様のHPを参考にさせて頂きました。・・・


2017.03.23 / Top↑
Secret