FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

菊の仲間のイソギク


葉は厚く、円形で大きく丸い鋸歯が入り
表面は緑色で、裏側は白くなっていて
葉の表面が白色で、縁取りされているイソギクは
10~11月頃に、多数の頭花を散房状に付け
花は筒状花のみで、舌状花を付けていないので
キク科の植物に見えないが、れっきとした菊の仲間で
キク科キク属の多年草である
   

このイソギクは名前が示すように、もともと海岸の崖等に生えていたが
気候が温暖な地方では、成長がゆっくりで管理し易い植物なので
庭園や鉢物として栽培される様になってきているので
最近では、時々目にする機会が多くなってきた

2009.11.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://3419mtrym.blog58.fc2.com/tb.php/173-868fd706