デジカメを持って 西へ東へと・・・


伊吹山や養老山脈が背後に望める岐阜県大垣市の西南地区では
農閑期を上手く有効利用して、有機肥料のみを使用して
ヨーロッパ原産のキク科の2年草であります「カミツレ(カモミール)」を栽培し
この「カミツレ」は、リンゴりんごの様な香りがする事が特徴であり
その栽培面積は約2ヘクタールで、収穫量は約6.5トンで
生産量は「日本一」とも云われ、「カミツレ」を栽培されているのは
大垣市薬草組合の人達で、収穫したものを乾燥させてから
関東地方の会社へ出荷し、 その会社では入浴剤やシャンプー
石鹸、ドリンク等の製品へと加工して販売されていて
「カミツレ」の花が見頃を迎えていると聞き、晴れの天候と成りました
5月初めに現地を訪れて、「カミツレ」の花と香りを楽しんできました


カミツレ畑を訪れた時の様子を、デジブックに纏めました。
お目に留まり、ご高覧頂ければ嬉しいです。

(^O^)/





2017.05.26 / Top↑
Secret