デジカメを持って 西へ東へと・・・


岐阜県大垣市の街中から北の方角へ4㎞程離れた地区に在ります大島堤は
市内では一番大きな古大垣輪中の一部と云われ、地元住民の人達が
昭和53年に約1,000本の「ソメイヨシノ」の苗木を両側合わせて5~6列づつ
曽根城跡公園から岐阜経済大学迄の約1.6kmに植栽し、現在では春の季節に成ると
堤防全体がピンク色に染まり、幾重にも重なった桜が見事なトンネルを作り出し
市内でも有数の花見の名所と成り、そして「大島堤サイクリングロード」は
この大島堤の曽根城跡公園から津布良公園迄の堤を利用して
市が昭和62年度から、平成7年度にかけて約4kmを整備したもので
サイクリングロード沿いには、3箇所の休憩場が設けられ
春の季節の桜の他に、初夏を迎えると「シャスターデージー」や
「ポピー」等が、また秋の季節には「コスモス」等の「ワイルドフラワー」が
次々と咲き変わり、花を見ながらの散歩道としても市民に親しまれて
サイクリングやジョキング、散歩等を楽しむ人達の姿が見られ
この堤で初夏の花が咲き始めていると聞き、天候に恵まれた
5月中旬過ぎの午後からこの堤を訪れて、初夏の花を見ながら
1時間程のんびりと歩き、楽しい時間を過ごしてから帰って来ました

大島堤を訪れた時の様子をデジブックに纏めました。
お目に留まり、ご高覧頂ければ嬉しいです。

(^O^)/





2017.06.08 / Top↑
Secret