デジカメを持って 西へ東へと・・・



昨日は、小生が所属していますパソコンボランティアサークルの
研修会が開催される日だったので参加し、昨日の研修内容は
アメリカのマサチューセッツ工科大学のメディアラボが開発しました
文字の書いてあるブロックを組み合わせてプログラムを作る
ビジュアルプログラム言語であります「Scratch」の勉強で
最初は「Scratch」の基本的な使い方を学んでから
「ネコ」を右側へと歩く様な形で動かしたり、4枚の人の絵を使って
人が足踏みをしている様に見せる、プログラムを作ってから
最後に、デジタル時計を作る事に成り・・・



デジタル時計の作成時には使用しないスプライトエリアの「ネコ」を削除してから・・・



最初に時刻を表す数字の「1」を、スプライトライブラリーから選びだし・・・



その後スプライトライブラリー内に有る数字の「2~9」迄を
Shiftキーを押しながら一緒に選び、最後に「0」を選んで其々をコスチュームに表示させ・・・



最初にコスチュームの中の数字の「0」を選択し、これが「秒の十の位」に成りますので・・・



デジタル時計の場合には、「0秒」から「9秒」迄を「00秒」から「09秒」の様に
表示させたいので、一番目の文字が強制的に「0」に成る様に
プログラミングをして、「秒」を現す十の位のプログラムを作り・・・



次に「秒」の一の位のプログラムは、「秒」の十の位プラグラムをコピーしてから
コピーしたプログラム内の、「コスチュームを<0 glown>にする」を「コスチュームを
1番目<現在の秒>の文字にする」に変更し、下のプログラムの
でなければ「コスチュームを1番目<現在の秒>の文字にする」を
「コスチュームを2番目<現在の秒>の文字にする」に変更し・・・  



「分」の十の位のスプリクトは、「秒」の十の位のスプリクトをコピーしてから
2ヶ所の「現在の秒」を「現在の分」に其々変更し、「分」の一の位のスプリクトは
「秒」の一の位のスプリクトをコピーしてから、3ヶ所の「現在の秒」を
「現在の分」に其々変更し、「時」の十の位のスプリクトは
「秒」の十の位のスプリクトをコピーしてから、2ヶ所の「現在の秒」を
「現在の時」に其々変更し、「時」の一の位のスプリクトは
「秒」の一の位のスプリクトをコピーしてから、3ヶ所の「現在の秒」を
「現在の時」に其々変更すると、デジタル時計のプログラミングが
完成しますので、プログラムを動かす為の「緑の旗」をクリックすると
デジタル時計が動き出し、今回は初めてのプログラミングでしたので難しくて
間違えたりして苦労しましたが、プログラムを完成させてから
プログラムを動作させて、正確に時を刻んだ時は感動してしまいました



2017.06.11 / Top↑
Secret