FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・



・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像2枚)・・・


国際宇宙ステーション(ISS)は、地上約400kmの上空に建設された
人類史上最大の宇宙施設で、その大きさは約108.5m×72.8mと
ほぼサッカー競技場位の大きさで有り、質量は約420トンで
ISSは地球を1周するのに約90分の時間をかけて、自由落下しながら
回っている為に、その中は地上の100万分の1位の重力しか無く
また各種の宇宙放射線が降り注ぎ、ISSの周りには大気が殆んど無いと云う
特別な環境を利用して、宇宙での実験・研究や地球・天体の観測等を行う
プロジェクトが国際宇宙ステーション(ISS)計画で、科学・技術を
より一層進歩させ、地上での生活や産業に役立てる事を目的として
1999年から軌道上での組立が開始され、2011年7月に完成し
当初の運用期間は2016年迄の予定でしたが、アメリカ、ロシア、カナダ
日本等は、少なくとも2024年迄は運用を継続する方針と云われ
このISS計画には、アメリカやロシア、ヨーロッパ、カナダ、日本等の
15ヶ国が参加し、各国が最新技術を結集したこの国際プロジェクトに
日本も日本実験棟・「きぼう」や宇宙ステーション補給機
「こうのとり」(HTV)等が参加していて、2017年12月17日に
ロシアから打ち上げられたソユーズMS宇宙船には
ロシアやアメリカの宇宙飛行士と一緒に、日本の金井宇宙飛行士も
第54次/第55次長期滞在クルーのフライトエンジニアとして
ISSの保全や宇宙環境を利用した日本および国際パートナーとの
科学実験や医学実験等を行う予定で乗船して地球から飛び立ち
12月19日にはISSへ到着し、ドッキングして国際宇宙ステーション内へと入り
帰還予定の今年の6月初め頃迄は、各々が担当するミッションを行いながら
地球の周りを飛行していて、昨年末の夕方にテレビの天気予報を見ていた時に
あと少しでこの国際宇宙ステーションの姿が肉眼で見られるとの情報を聞き
直ぐに外へ出て、小さな丸い形でオレンジ色に輝く国際宇宙ステーションが
飛行する姿を始めて見て、その姿をスマホで写しましたが
残念ながら上手く写っていなかったので、リベンジしたいと思い
次の機会を待っていたら、数日前の早朝に北北西の方角から姿を現し
東南東の方角へと姿を消す、国際宇宙ステーションの姿が2分間程
肉眼で見る事が出来るとの情報を得て、一目見る為に早起きをして
見晴らしの良い場所迄出かけて、今回は三脚にカメラをセットして
国際宇宙ステーションが姿を現すのを待ち構えていましたが
小生が思っていた高さより、更に高い所を飛んでいる姿を見つけて
カメラの位置を国際宇宙ステーションの高さに合わせて移動してから
慌ててピント等を合わせましたが、時すでに遅しで国際宇宙ステーションの姿が
段々小さく成り、その後姿を消してしまいましたので
小生が思い描ていた様な写真を、今回も写す事が出来無くて
再び次の機会にチャレンジし、次回には上手く写したいと思っています



2018.01.19 / Top↑
Secret