FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・




昨日の夕方にメールをチェックすると、「Skypeが間もなく使えなくなる」との
件名が書かれたメールが届いていましたが、「Skype」を名のる
騙しのメールかもしれないと思い、メール本文内に書かれた
「最新版のSkypeをダウンロード」と書かれたリンク先をクリックしないで・・・



新たにWebを開き、「Skype for Windows Desktop」に付いて検索すると
今迄Windows PCで利用出来ていたSkypeには、デスクトップアプリケーションの
Win32の「Skype for Windows Desktop」と、UWPアプリの「Skype」が有って
これまでWindows 10では、どちらでも利用が出来ていましたが
「Skype for Windows Desktop」が動作可能なのはWindows 10でも
November Update(1511)以前のバージョンに限定されていて
「Anniversary Update(1607)」以降の、バージョンに付いては
UWPアプリ「Skype」の導入を促していて、「Skype for Windows Desktop」は
インストール時に、バージョンチェックをしてWindows 7/8.1を含む
旧Windows OSでのみ利用可能にしているのではないかと考えられ
Windows 10をアップデートして使い続けるならば、UWPアプリの
「Skype」しか、選択肢が無く成るとの記事を見つけて
今回届いたメールの内容が、理解できましたので・・・



小生が現在利用しています「Skype for Windows Desktop」から
UWPアプリの「Skype」へ変更しようと思い、「Skype for Windows Desktop」を開くと
「Skypeの最新バージョンのインストールが可能です」と書かれた画面が表示され
「今すぐインストール」ボタンが有りましたので、そのボタンをクリックすると・・・



「ご使用のコンピュータへSkypeをインストールする準備が出来ました」との
画面が表示されましたので、「インストール」をクリックし・・・



インストールが終了すると、「Skype」が起動して
サウンドのチェック画面が開きましたので、マイクとスピーカーを其々調整すると・・・



調整後には「Skype」のメイン画面が表示されましたが
今迄小生が使っていた「Skype for Windows Desktop」の画面とは
画面の構成や、画面の共有等の操作方法が異なっていますので
今後は「Skype」を使用しながら、徐々に操作方法を学びたいと思っています




2018.07.25 / Top↑
Secret