FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・




本日の夕方にメールを確認すると、独立行政法人・情報処理推進機構(IPA)から
「Microsoft 製品の脆弱性対策について(2018年9月)と 、 Adobe Flash Player の
脆弱性対策に付いてのセキュリティ対策情報/注意喚起」との件名が書かれた
メールが、本日のお昼頃に届いていましたので・・・



詳細を確認する為に、IPAのHPを開いて情報セキュリティのページを見ると
「日本時間の本日、 Microsoft 製品に関する脆弱性の修正プログラムが公表され
これらの脆弱性を悪用された場合には、アプリケーションプログラムが異常終了したり
攻撃者に依ってパソコンを制御されたりして、様々な被害が発生する可能性が有り
この内 CVE-2018-8440 の脆弱性について、Microsoft 社では「悪用の事実を確認済み」と公表し
今後被害が拡大する可能性がある為、至急修正プログラムを適用して下さい」と
書かれていましたので・・・



小生は早速更新作業を行う為に、「設定」から「Windows UPdate」を開くと
「2018-09x64ベースシステム用Windows10 Version1803の累積更新プログラム」が
既にダウンロード中でしたので、ダウンロードが終了するのを待っていると・・・



ダウンロード後に、「再起動」を促す文字が表示されましたので
「今すぐ再起動する」をクリックすると、「再起動」が始まり・・・



再起動後に、「設定」から本日更新されたプログラムの「更新履歴」を確認すると
小生のパソコンでは5個の「品質更新プログラム」と、1個の「その他の更新プログラム」が
何れも、正しくインストールされた事が分かりましたので・・・



そして IPAからのメールには、「Adobe Flash Player の脆弱性対策」に付いても
書かれていましたので詳細を確認すると、アドビシステムズ社からは
過去に攻撃リスクが高いとされた事の有る脆弱性としてアナウンスがされている為
修正プログラムを適用して下さい」と書かれていましたが、小生は 「Adobe Flash Player」を
単独では使用していないものの、小生が使用していますブラウザの「Google Chrome 」は
Flash Player の機構を統合していますので、「Google Chrome」 のUPdateを行う為に・・・



「Google Chrome」 を開いて、「設定」から更新プログラムのページを開くと
既に「最新版」に成っている事が確認出来、本日のお昼頃にIPAから連絡が有りました
2件の脆弱性対策は、本日の午後7時頃迄に何れも正しく済ませる事が出来ました




2018.09.12 / Top↑
Secret