FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・




小生が10月5日の夕方に、パソコンを利用してネットサーフィンをしていた時に
Windows 10では、春と秋の季節の年2回大型更新プログラムが公開されていますが
今年秋の大型更新プログラム「Windows 10 October 2018 Update(Ver.1809)」の提供が
日本時間の10月3日から、公開が開始されたとの記事を見つけましたので・・・



小生のパソコンにも、この更新プログラムが配信されているかもしれないと思い
更新プログラムを5日の夜に確認しましたが、小生の場合はメーカーから保証の無い
Windows 7パソコンを 自己責任に於いて、Windows 10へとアップグレードしましたので
何時かはパソコンの機能が、Windows 10に追いけ無く成ってくると思っていて
以前の大型アップデート迄は、ローリングアップデートが採用されていて
アップデートが順次配信されていた為に、小生のパソコンの場合は
なかなかアップデートがされなくて、2ケ月程遅れていましたので
今回の更新プログラムも、順番が来る迄気長に待つ心算でいたら・・・



本日のお昼前に、ブロ友のAさんから「Windows 10 October 2018 Update」公開が
中止されたとの連絡を頂き、早速Webにて関連記事を確認すると
『Microsoftが先日公開したWindows 10の「Windows 10 October 2018 Update」を
インストールすると、ライブラリフォルダやパブリックフォルダに含まれる
ユーザーのファイルが削除されてしまうという不具合が報告されていて
これらの削除されたファイルを完全に復旧させる方法は、現時点では存在せず
また不具合の発生原因や条件も、はっきりしない為に、Microsoft社は
「Windows 10 October 2018 Update」の公開を一時的に停止した』との記事を見つけ・・・



また、Microsoft社 Windows 10 Version 1809のupdate historyページには
既存の不具合として、上記画像の様な症状が掲載されていて
そして、『更新後に一部のファイルが見つからないという報告を調査する間
「Windows 10 October 2018 Update(Version 1809)」の公開を一時停止しました』と
書かれていて、加えて「メディア作成ツール等を使用してインストールメディアを
手動でダウンロードした場合も、使用しないように」との、警告文も書かれていました


・・・「Windows 10 October 2018 Update」の公開が一時停止の記述に付きましては、Webの記事を参考にさせて頂きました。・・・



2018.10.07 / Top↑
Secret