FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・




本日のお昼過ぎにメールを確認すると、小生が自分のパソコンへ導入しています
ウィルス対策のソフト会社から、「急増中の恐喝メール」との件名が書かれた
セキュリティ情報が昨日の午後に届いていましたので、本文を読んでみると
 「お金を払わないと、アダルトサイトを閲覧している姿を撮影した映像をばらまく」との
「セクストーション」と呼ばれる恐喝メールが、独立行政法人・情報処理推進機構へ
最初に相談が有ったのが、今年の3月以来7月と8月に合計30件の相談が有り
9月には263件と急増している状況で、今後も増える可能性が有る為に注意喚起と
警戒を呼び掛けるメールで、情報処理推進機構のHPで詳細を確認すると・・・



上記の画像は「セクストーション詐欺メール」の一例ですが
この詐欺メールの件名の一例としては、「あなたの心の安らぎの問題」や
「セキュリティ警告」、「あなたの秘密の生活」等の色々なパターンが有って
「メールに自分(受信者)のメールアドレスやパスワードが記載されている」や
「アダルトサイトを閲覧している姿を撮影した映像をばらまく」等の脅しが有って
解決策として、仮想通貨貨幣のビットコイン等を要求する手口であり
この様なメールが届いた時は、「メールは無視し、仮想通貨の支払は行わない」や
「メール内に記載されていた自分のパスワードは直ちに変更する」等が
書かれていましたが、この様な危険が潜むアダルトサイトへ近づか無いのが
一番の対策ではないかと小生は思いましたが、皆さまはどう思われますでしょうか?


・・・今回の恐喝メールの画像や記事に付きましては、IPAの「情報セキュリティ」の画像をお借りしたり記事を参考にしました・・・






2018.10.21 / Top↑
Secret