FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・



・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像12枚)・・・


煮物や炒め物、揚げ物等の各種料理やサラダにも適して利用範囲が大変広くて
一年中食卓には欠かせない野菜である「玉ねぎ」は、中央アジアのイランや
パキスタンが原産地で、日本へは江戸時代に観賞用として長崎に伝わったものの
明治時代に入ってからコレラに効果が有るとの事で、北海道・札幌地方を中心に
本格的に食べる野菜として、栽培される様に成ったと云われ
数年前に、小生が見ていたテレビ番組の「玉ねぎ」特集で「玉ねぎ」は
血液をサラサラにし、高血圧等に効く体に良い食べ物だと紹介していましたので
それから、小生は「玉ねぎ」を自宅の畑で育て始めましたが
小生の育て方が悪かった為なのか、ぷっくりとした大きな「玉ねぎ」が育たずに
小さな「玉ねぎ」ばかりと、毎年失敗を繰り返していましたので
今年こそ大きな「玉ねぎ」を育て様と思い、10月中旬頃から「玉ねぎ」を育てる為に
苦土石灰や肥料を施した後に、畑をよく耕して畝を作ってから
マルチをかけて予め準備を行い、11月に成り「玉ねぎ」苗の植え付け時期が来ていた
11月4日の午前中に、農芸店で豊円球で揃い玉のしまりが良好で旺盛に育ち
作柄も安定して作り易いと云われています中晩生貯蔵種の「ネオアース」と
家庭菜園で、初めて「玉ねぎ」を育てるのにお勧めの品種と云われる
「もみじ三号」の良さそうな苗を、それぞれ100株づつ購入して帰り
大きな苗と小さな苗と混ぜて畝へ植えてしまうと、小さな苗が負けてしまい
上手く育た無くなると聞いていましたので、苗を大と小に選り分けてから
購入した「玉ねぎ」苗の中には、根が立派に育ちすぎて少々長すぎる株が有って
長い根をそのまま植え付けると植え付け難く、しかもきちんと土の中に根が収まらずに
地上に出てしまう事も有りますので、小生は今回長い根を3㎝位の長さに切り揃え
毎日の様に60株位を目安に畝へ植え付けていましたが、購入した苗の数量を調べると
小さいおまけの苗が入っていて、「ネオアース」が115株、そして「もみじ三号」が
146株と苗の合計が261株となり、小生は当初200株を植え付ける心算で
畝の準備がして有ったので、残り61株の苗を植える為に急遽畑を耕して
追加で一畝を作ってからマルチをかけて、261株全ての苗を8日迄に植付け終えて
昨年はカラスの悪戯によって、折角植付けた苗が引き抜かれてしまいましたので
今年はカラス対策として、苗を植え付けた畝全体に網を被せる作業を8日から始めて
2畝が8日中に終了しましたが、昨日は低気圧が通過した為に一日中雨が降り続き
本日は天候が回復した為に、残りの2畝に網を被せる作業を行った結果
今年の「玉ねぎ」苗の植え付け作業は、午前中に全て終える事が出来ましたので
植えた苗が上手く活着して、大きな玉の「玉ねぎ」が収穫出来る事を願っています





2018.11.10 / Top↑
Secret