FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・



・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像2枚)・・・


前夜から降り始めた雨が今朝には止み、本日の当地での天候は
午前中は曇っていたものの、午後からは時々太陽が顔を出す様に成り
国営木曽三川公園の一つ、河川環境楽園を午後から久しぶりに訪れて
今の時期に何か花でも咲いていないかと思いながら、園内を散策していると
散策路脇の林縁の半日蔭となる場所で、黄色い花が数輪咲き始めているのに気が付き
何の花だろうかと思い近づいてみると「ヒメリュウキンカ」の名札が立ててありました

小生も四国・香川県在住の友人の奥さんから「リュウキンカ」の根茎を
10年位前に送って頂いて育てていますが、最近では毎年花を咲かせる様に成り
花を楽しんでいますが、今年は暖冬と云われているものの
自宅の「リュウキンカ」は、現在茎が伸びて来てはいるものの
その先端に蕾がまだ出来ていない状態で、花が咲くにはまだ50日程
日数がかかるのではないかと思っていますが、それにしても本日
河川環境楽園内で見た「ヒメリュウキンカ」の花は、早すぎると思いました

キンポウゲ科多年草の「ヒメリュウキンカ」は、山野の湿った草原や川沿いの林床等
湿り気のある場所に自生し、葉は暗緑色のハート形をしていて
春に成ると花茎を伸ばして、表面に光沢のある径4cm位の黄色い花を
次々と咲かせる様に成り、長いものでは1ヶ月程花を楽しむ事が出来
そして花後には種が出来て初夏に成ると葉が枯れて、地中に根茎を残したまま
夏の間は休眠状態に入り、花色は光沢の有る黄色が主な色ですが
花色や葉の異なる変種を選別して栽培する、品種改良に依って
花色や大きさ、咲き方の違う多くの品種があると云われています


・・・「ヒメリュウキンカ」の記述に付きましては、「ヤサシイエンゲイ」様のHPを参考にさせて頂きました。・・




2019.01.16 / Top↑
Secret