FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・


・・・昨夜、自宅から観る事が出来た1日遅れの「スーパームーン」・・・


地球上から見える、月の大きさは常に一定ではなくて
地球との距離によって、見える大きさが変化していて
月が地球に、最も近づいたタイミングで「満月」に成った場合には
通常より大きく見えて輝きも増す為に、この時に見られる月を
「スーパームーン」と呼んでいますが、一昨日(19日)の午後8時3分には
月が地球に最も近い場所を通り、20日へと日付が変わった直後の
20日0時54分には、「南の高い空」へと昇って輝くと云われていましたので
小生も、今年最大の「スーパームーン」と云われる満月を観たかったのですが
19日の当地は朝から1日中雨が降り続き、残念ながら満月を観る事が出来ず
天候が回復した昨日の夜に、1日遅れの「スーパームーン」を観ましたが
19日の満月は、今年最も小さな満月(9月14日に見られる予定の満月)と比較すると
14%も視直径が大きくて、30%も明るく見えると云われていましたが
小生は何時も月を特に注意をして見ていない為に、昨夜見た月が
何時も依り大きく見えて明るかったのかは、分かりませんでした


・・・「スーパームーン」の記述に付きましては、「国立天文台」のHPを参考にさせて頂きました。・・・



2019.02.21 / Top↑
Secret