FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

.


小生が住んでいる地方では、5月21、22日と2日間雨が降った翌日から
まだ5月だというのに最高気温が30℃前後迄上昇して、真夏の様な
非常に熱い日が続いていて、夏の熱さに体がまだ慣れていない高齢者にとっては
熱中症に罹り易いので、朝の涼しい内にトマトの雨対策をする為に
今朝早起きをして午前6時前に畑へ出かけて、トマトやナス、唐辛子、ゴウヤ等を
育てています畝に、雨に当たると急激な水分補給と成りトマト等は裂果し易いので
夏野菜が濡れない様に雨対策をする為に、R形支柱や支柱を使って屋根を作ろうと思い
先日迄には、ビニールシートを畝全体に被せる骨組みが出来上がっていましたので・・・

.


今朝は最初に、夏野菜苗の株元へたっぷりと水を散布してから・・・

.


夏野菜の株元の土が乾燥しない様にと思い、株元へ短く切った藁を敷き詰めてから・・・

.


トマトが裂果するのは、雨が降らずに土が乾燥した状態が続いた後に
雷や集中豪雨等で大雨が降ったりして、急激に根が水分を吸い上げると
果実の肥大するスピードに、皮が追い付く事が出来ずに割れてしまうので
これを防ぐ為には、過度な乾燥を続けない事と急に大量の水を土に
含ませない事が必要と成りますので、前もって百均の店舗で購入してきた
透明のテーブルクロスと遮光ネットを使って、トマトの裂果対策をする為に・・・

.


最初に、屋根と成る部分に遮光ネットを被せてから
その上から4枚の透明なテーブルクロスを被せて、更にその上から
強い風でテーブルクロスが吹き飛ばされない様に、網をかけて
クロス全体を押さえつけて、小生オリジナルの乾燥対策と雨対策を行って
トマトの裂果対策を、午前8時頃には無事に終える事が出来ました




2019.05.24 / Top↑
Secret