FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・



・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像6枚)・・・


本日の日本列島は西高東低の冬型の気圧配置と成り、寒気や湿った空気の影響で
当地では青空が見える晴れの天候と成りましたが、最低気温は7℃で
最高気温は15℃迄しか上がらず、そして冷たい北西の風が
1日中吹いていましたので、体感的には計測した気温よりも低くて
一層寒く感じた日と成りましたが、本日は午前中に用事が有って外出し
その帰り道に、自宅近くの神社の裏に在ります畑で皇帝ダリアの花が
寒空の下で纏まって咲いているのに気が付き、車を神社の駐車場に止め
皇帝ダリアの有る畑迄歩いて行き、その姿をカメラに収めて帰って来ました

キク科ダリア属の植物は、メキシコから中米にかけて27品種が分布していると云われ
その中でも茎が木質化する3品種が「ツリーダリア」と呼ばれ、「皇帝ダリア」は
特に茎が太くて草丈が高く成り、日差しが短くならないと花芽が出来ないので
開花期が遅くて11月下旬頃から咲き始めますが、近くに街灯や電灯等が有ると
まだ陽が長いと感じて、花芽を付けないので注意が必要だと云われていますが
成長すると背丈が5~6mにも達し、2階の窓から花を楽しめる様に成る事から
「皇帝」との名前が付けられと云われ、日差しが短く成る晩秋の頃には
ピンク色をした直径約20cmの大輪の花を、茎の頂上に纏まって咲かせます


・・・「皇帝ダリア」の記述に付きましては、「季節の花 300」様のHPを参考にさせて頂きました。・・・




2019.11.20 / Top↑
Secret