デジカメを持って 西へ東へと・・・

雨の中で咲くミツマタの花




昨日は朝から1日中、小雨が降り
数日前の温かさに比べると、寒い日になってしまった


そんな雨降りの中、近くの公園で雨に濡れながら
ミツマタの花が咲いているのに気が付いた
ミツマタの花は、多数の小花が球状になり
花弁は無く、卵形をした黄色で4枚の萼片が花の様に開く


ミツマタは中国原産のジンチョウゲ科の落葉低木で
早春の季節に葉が出る前に開花し、枝が3本に分かれるのが特徴で
ミツマタの名前は、この特徴からつけられたと云われている


また、ミツマタの樹皮は、古来よりガンビやコウゾと共に
和紙の原料として利用され、現在でもミツマタは紙幣や証券用紙
コピー用紙等の原料として利用されていると云われている


2010.03.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://3419mtrym.blog58.fc2.com/tb.php/287-80c98ec3