FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

咲き出してきたラショウモンカズラの花



ホトケノザ、ヒメオドリコソウ等シソ科の花は
どちらかといえば、小さな花を咲かせるものが多い中
同じシソ科ラショウモンカズラ属のラショウモンカズラは
茎の上部に一方向を向いた、まばらな花序を作り
唇形で紫色をした、5cm位の大きな花を4~5月にかけて咲かせる


この、ラショウモンカズラの花が、先日訪れた日当たりが良く
明るい樹林縁の道路脇の土手で、早くも沢山咲いていた


この花の名前の由来は、その昔、京都の羅生門に鬼が住みつき
悪さをして人々を困らせていたのを、渡辺 綱が切り落としたと
云われている鬼の腕に見立てた所から付けられたらしいが
この花にとっては、かわいそうな名前なのではないだろうか
 
  

2010.03.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://3419mtrym.blog58.fc2.com/tb.php/301-06279643