FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

<
>
<>
<最初の画に戻る

画像の上でクリックするとチェンジします(画像3枚)
最初の画像に戻る場合は「最初の画に戻る」をクリックして下さい
( トランジションのソースはどんぐり様からお借りしました )



晴れの日となった先日、田舎道を歩いていたら
荒地の隅で黄色い花が咲いているのに気が付き
近づいて良く見てみたらキク科のアキノノゲシの花だった


アキノノゲシは、東南アジア原産で
稲作と共に日本へ渡って来たと云われ
日当たりの良い野原や荒れ地、河原等に生えていて
秋の季節になると、茎の上部に頭花を円錐花序に多数付け
頭花の色は淡黄色で、昼の間開き夕方には閉じてしまう


花後の種子は、タンポポの綿毛を小さくした様な形で
長さ5?位の黒くて扁平の痩果が風に乗って運ばれていく
また名前の由来は、花が「ノゲシ」に似ており
秋に咲く事から付けられたと云われている


2010.10.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://3419mtrym.blog58.fc2.com/tb.php/467-d9094f3f