デジカメを持って 西へ東へと・・・

<

画像の上にマウスON-OUT するとチェンジします(画像2枚)
(トランジションのソースは sakura 様からおかりしました)


夏から秋にかけて土手や河川敷、道端、空地
鉄道線路や高速道路沿い等の一面を覆い尽くしてしまう程
大群生してしまうセイタカアワダチソウは
キク科の多年草で、今では帰化植物と成ったしまったが
もとは、観賞用に導入されたとか、蜜源植物として優秀である為
養蜂業者が積極的に種子を散布したとの説が有るらしい
また、急速的に日本全国へと広まって行ったのは
第二次世界大戦後だと云われている
  

また、セイタカアワダチソウは、大群落を形成したり
花粉アレルギーの元凶であると言われ
嫌われる植物の一つとなっている


そして、この種は根や地下茎から種子発芽を
抑制してしまう物質を分泌するので
このセイタカアワダチソウが繁茂する場所では
新たな植物の進入は困難となり
地下茎で繁殖するセイタカアワダチソウが有利となる為
大群落を作ってしまうと言われている



2010.11.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://3419mtrym.blog58.fc2.com/tb.php/491-12f949e3