FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

<

画像の上でマウスON-OUTするとチェンジします(画像2枚)
( トランジションのソースは sakura 様からお借りしました )



日本では、北海道以外の全国に分布していて
道端や田畑の畦等でよく見られる雑草・ホトケノザは
シソ科オドリコソウ属の一年草、または越年草で
3~6月頃にかけて、上部の葉の脇に長さ3cm位の
紅赤色をした唇状の花を咲かせると聞いていたが
先日散歩をしていたら、冷たい北風が吹いて寒い冬の季節に
道路脇の空地でこのホトケノザが沢山咲いているのに気が付いた
  

春の七草の一つにホトケノザがあるが
これはキク科のコオニタビラコという草の事で
本種の事では無く、本種は食用に適していないので
誤食しないように注意が必要となっている


名前の由来は、花の下にある葉が茎を包み込む様になっていて
これを仏様の蓮華座に見立てて名前が付けられたと云い
別名では、その姿から「サンガイグサ」とも呼ばれている


2010.12.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://3419mtrym.blog58.fc2.com/tb.php/537-6ce20412